2017年4月第1週 イエス・キリストはわたしの完全な模範です。

korean-children-helping-sharing-time_783041

理解を促す(聖句を読んで絵を描く):

大きな紙に次の言葉を書きます。

「イエス・キリストはわたしの完全な模範です」

この紙を4つに切り分けて簡単なパズルを作ります。
それぞれの断片の裏側に以下の文章の一つを書きます。

  • 主はバプテスマを受ける方法を示されました(マタイ3:13-17参照)
  • 主は人に愛を示されました(マルコ10:13-16参照)
  • 主は御自身を傷つけられた人をゆるされました(ルカ23:34参照)
  • 主は祈りの方法を示されました(マタイ6:5-13参照)。

イエス様のように」を歌います(『歌集』40-41)。
この歌がどのようなことを教えているか子供たちに説明してもらいます。
キリストの絵を見せて,主が完全な模範を通して多くのことを教えてくださったことを子供たちに話します。
子供たちを4つのグループに分け,各グループにパズルの一片と白紙を数枚配ります。
グループで一緒に聖句を読み,自分たちがキリストの模範にどのように従えるかを絵で表すように言います。
各グループに聖句と絵を発表してもらい,ホワイトボード(または,黒板)にパズルのピースをはってもらいます。
パズルが完成したら,皆で声を合わせて「イエス・キリストはわたしの完全な模範です」と言います。


活動を変更する
初等協会の子供たちの年齢や人数に合わせて活動を変更してください。例えば,第1週の活動では,人数の多い初等協会なら,複数組のパズルを用意してもよいかもしれません。年少の子供に対しては,教師が聖句を読んで,子供たちが絵を描くのを助けてもよいでしょう。


その他のアイディア

(参照元)https://www.hatchpatch.com/sites/hatchpatch.com/files/April_2017_week_1_Jesus_is_the_perfect_example_for_me.pdf (抜粋)

実物を使ったレッスン

「模範に従う」というテーマに沿った実物を使うレッスンは、よいものがたくさん存在します。
中でも特に2つ、私のお気に入りを紹介します。どちらかを選んでやってもいいし、独自のレッスンをしてもよいと思います。

 

「ネクタイを結ぼう」

  • ネクタイを2本用意します
  • お手伝いを一人お願いします。ネクタイの結び方を知らなさそうな子どもを指名します。
  • ネクタイをしめるようにお願いします。ちゃんと結べるか、「やり方がわからない」と言うまで待ちます。
  • もう1本のネクタイを自分の首にまわし、これから自分が結ぶのと同じようにやってみるようにといい、ひとつずつ手順を示します。もしネクタイの結び方がわからなければ、誰か分かる人にこの役をお願いしましょう。
  • 従うべきお手本があったことで、ネクタイを結ぶのがどれほど簡単になったかを確認します。
「ブロック積み」
  • 同じ種類のピースが入ったブロック(レゴ)のセットをふたつ用意します。一つは何か簡単なものを組み立てておき、紙袋や箱、タオルの中などに隠しておきます。
  • 子どもをひとり指名し、これから作って欲しいもの(事前に作って隠したもの)を口頭で説明します。これはきっと難しくてうまく作れないはずです。
  • 次に事前に作って隠しておいたものを見せます。そしてそれと同じものを作ってもらいます。作っている間に、従うべきお手本があることでブロックの組み立てがどれほど簡単になるかを説明します。

2017年4月第1週 イエス・キリストはわたしの完全な模範です。 への1件のコメント

  1. ピンバック : 2017年4月 イエス・キリストは正義を選ぶように教えておられます | SugarDoodle Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL