2016年12月第1週 預言者はイエス・キリストの降誕について預言しました

prophet-isaiah-foretells-christs-birth-39469-gallery

2016年12月第1週  預言者はイエス・キリストの降誕について預言しました

 

アイディア1へ移動

 

理解を促す (聖文を読み,ロールプレーする):

子供たちを5 つのグループに分けます。

各グループに以下の聖句とそこに記されている預言者を表す小道具や簡単な衣装を渡します。

  • イザヤ7:14;9:6(イザヤ)
  • 1 ニーファイ11:14 - 21(ニーファイ)
  • モーサヤ3:5 ,8(ベニヤミン王)
  • アルマ7:9 - 10(アルマ)
  • ヒラマン14:2 - 6(サムエル)

各グループにその預言者がキリストの降誕について語ったことを読んで,話し合ってもらいます。
各グループから一人ずつ出て来て,小道具や衣装を身に着けて預言者になり,ほかの子供たちに,自分はどの預言者か,またその預言者はイエスの降誕についてどんなことを告げたかを読み上げるか,話すかしてもらいます。
「主はみ子をつかわし」(『歌集』20 - 21)または「サムエルのよげん」(『聖徒の道』1992 年12 月号,「せいとのみち」)を歌います。

 

アイディア1

(参照元)http://www.hatchpatch.com/sites/hatchpatch.com/files/dec_2016_week_1_Prophets_prophesied_about_Jesus_Christ.pdf

(SDJ注)拍手を促す場面が出てきますが、実際に拍手をするかどうかは個人の判断で行ってください。日本では多くの場合日曜日に教会では拍手をしません。

理解を促す:

「昔の預言者たち」というトークショーをおこないます。
このトークショーには司会者(あなた)とゲストの預言者が出演します。(昔の預言者たちはタイムマシーンを使って登場します)
司会者によるインタビューの後、子どもたちはその預言者が誰なのかを当てます。
答えはホワイトボードに示された選択肢から選びます。

 

準備

その1:
手引きに従って子どもたちを5つのグループに分けます。
各グループに1枚ずつヒントカードを配ります。
カードには参照聖句とヒントになる事柄が書いてあるので、声に出して読んでもらいます。
年少用、年長用が用意されています。
年長向けはとても難しく作りましたので、年少さんはきっとわからないと思います。

その2:
この案はグループに分けるのが難しいプライマリー向けです。
前もって誰かに預言者の役を演じてもらうようにお願いしておきます。
ヒントカードには手引きにある聖句とヒントが書かれています。
「預言者」たちが自己紹介をするときに、このヒントカードに書かれている事柄に言及するようお願いしておきます。

 

飾りつけ

クリスマスの電飾などをドアに飾り付けて「預言者専用タイムマシーン」と書いておきます。
椅子を2脚、そして小さいテーブルなどもあるとインタビューの雰囲気が出るでしょう。
可能であれば造花などをテーブルにかざると素敵になります。

「本日のゲスト」と5人の預言者の名前をホワイトボードに貼っておきます。
「拍手」「しずかに!」のサインを印刷しておきます。
インタビュー用のマイク(おもちゃでもOK)を用意します。
ゲストが昔の預言者に見えるように、タオルやマフラー、バスローブなど様々なものを駆使してドレスアップしてもらってください。

 

もう一人指導者にAD役をお願いします。
ADさんは観客(子どもたち)に「拍手」「しずかに!」のサインを見せて動きをコントロールする役です。
ADさんは本当にADさんらしく、子どもたちとコミュニケーションをとって演じてもらう必要があります。
「カット!」「OKでーす!」などと途中で叫んでもらって、NGの場合にはもう一度質問を繰り返すなど臨場感を出してください。
「拍手」「しずかに!」以外にも「へぇ~~」「わ~!」などのサインも作って、預言者がすごいことを言うたびに子どもたちに反応してもらうのもよいでしょう。

  • ADさんはインタビュー前に前説を行って、このインタビューを観覧できるのがいかにラッキーな事かを強調します。サインに従って拍手したり静かにすることを説明します。そして、司会者を紹介します。
  • 本日のシークレットゲストを呼びます。ゲストがタイムマシーンから出てきたらADさんは「拍手」を掲げて子どもたちが迎えます
  • ゲストに席についてもらい、子どもたちがヒントを得られるような質問をします。
  • インタビューが終わったらお礼をいい、ゲストには別の席についてもらいます。ADさんは「拍手」を掲げて子どもたちは見送ります。
  • ほかのゲスト預言者も同様に繰り返します。
  • ゲストみんなのインタビューが終わったら、全員にまた出てきてもらいます。観客席に降りていき、子どもたちにどのゲストが誰かを尋ねます。正解したらホワイトボードから預言者の名前をはずして、本人に持ってもらいます。

 

(SDJ注)アルマの絵が参照元にありませんでした

PDFはこちら
2016-12-01-01

2016-12-01-01-01 2016-12-01-01-02 2016-12-01-01-03 2016-12-01-01-04 2016-12-01-01-05 2016-12-01-01-06 2016-12-01-01-07 2016-12-01-01-08 2016-12-01-01-09 2016-12-01-01-10 2016-12-01-01-11 2016-12-01-01-12 2016-12-01-01-13

2016年12月第1週 預言者はイエス・キリストの降誕について預言しました への1件のコメント

  1. ピンバック : 2016年12月 聖文は救い主の降誕と再臨について教えてくれます | SugarDoodle Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL